お家の小さなトラブル便利屋やくわにお任下さい。ホームセンターに相談する前に一度ご連絡下さい。

〒300-1252 茨城県つくば市高見原2-7-67

TEL:029-871-7588

器具の修理・交換

食器洗い洗浄機(食洗機)

食器洗い洗浄機(食洗機)

食洗機の新規取付 混合水栓から分岐金具で食洗器用の水を取り出し、排水はキッチンシンクにという施工が一般的です。 この施工のメリットはキッチンに穴を開けない為食洗機を使わなくなった時に元に戻せる事。 デメリットは混合水栓を分解して分岐金具を途中に入れるので水漏れが早く来る事、混合栓交換の度にその混合栓用の分岐金具も交換しなければならない事、分岐金具・コックは結構いい値段します。 混合栓から分岐するパターンではKAKUDAIの製品には分岐金具不要で食洗機用の穴があるタイプがあるので、コックとニップルで済みますのでKAKUDAIの混合栓をお勧めします。 食洗機をずーと長く使いたいのであれば便利屋やくわでは食洗機専用の水栓新設をお勧めしています。 食洗機本体は家電扱いの為私の問屋ではPanasonicのミニ食洗以外扱いが無い為家電量販店やネットで購入して頂く事になります。以前は扱っていたのですが…

料金表

食洗機用分岐金具・コック(部品+工賃)混合栓と混合栓取付工賃は別途18,200円(一例)
KAKUDAI製混合栓よりの分岐(ニップル+コック+工賃)16743円
食洗機用水栓新設 20,000円(一例)

洗面用混合栓交換

洗面用混合栓交換

洗面化粧台の混合栓は本当に色々なタイプがあり、取付可能なタイプが限られています。 交換し易いのは写真の様にハンドルと吐水口が分かれていてシャワーが伸びて更に上に上がる「洗髪シャワー混合栓」と 回すタイプの水とお湯のハンドルが10cm離れている「ツーハンドル混合栓」とそのハンドル部がレバーの「台付シングルレバー混合栓」です。 混合栓の水漏れが出て来る頃には洗面化粧台の本体もダメージを受けている事が多いので、水栓のみを交換するか洗面化粧台の交換をするのか迷うところです。私見ですが判断基準は75cmサイズまでは洗面化粧台の交換、90cm以上は水栓の交換が良いと思います。理由として90cm以上の洗面化粧台はハイグレードモデルなので作りがいい事、洗面化粧台交換の工賃が高い事、75cmまでは安いモデルの場合が多い事、商品・工賃が比較的安い事があります。

料金表

洗面混合栓交換(工賃)¥15,000円~
洗髪シャワー混合栓 KVK KM8007S2EC 定価58,520円 標準交換工事費込み60,390円(一例)

キッチン蛇口交換

キッチン蛇口交換

主に壁出し、ワンホール、デッキタイプがあります。 ・壁出しは比較的古い物件に多く流し台の上の壁に付いています。主に2ハンドルとレバータイプがありますが、どちらでも付きます。 ・ワンホールはシステムキッチンの下から立ち上がっているタイプです。穴の大きさ等多少違いはありますが、キッチンを多少加工すればほとんど何でも付きます。また、シャワー付き、タッチレス等色々ありますがほぼ取付可能です。

料金表

キッチン蛇口交換¥15,000~
ワンホールシャワー混合栓 KVK KM5021T 定価54,500円 標準交換工事費込み 56,265円(特価)
ワンホール混合栓(樹脂) KVK KM5011 定価26,000円 標準交換工事費込み30,250円(特価)
ワンホール混合栓(メタル)TOTO TKS05301J 定価32,600円 標準交換工事費込み34,023円(特価)

洗面化粧台交換

洗面化粧台交換

洗面化粧台は巾が50cm、60cm、75cm、90cm、120cmの規格があります。 通常は同じサイズで交換します。 標準交換工事ではコンセントのプラグを抜いて、水道の元栓を閉めて、ミラーキャビネットを取り外し、排水パイプ(ジャバラ)・止水栓を外し、洗面台を取り外し(撤去) 給水・給湯・排水の穴を開けて洗面台を設置、元の止水栓を取付(戻し)、水栓のホースの接続、排水パイプの差し込み、水道元栓を開け水漏れテスト、ミラーキャビネットの取付、コンセントプラグを差して完成。 以上を1人で行うので、サイズは~75cm、1階で階段無し、が標準交換工事です。 2階の場合は1人手配します。 追加工事でよくあるのが… 吊戸棚は一度外して交換後戻します。 止水栓は元のを戻しますので、新しくするのは別途。 クロスの張替えはわたしはやりませんので、クロス張替えをご希望の場合は職人手配になります。

料金表

洗面化粧台交換30,000円〜

ウォシュレット交換・取り付け

ウォシュレット交換・取り付け

 ウォシュレットと呼んでいますが、TOTOの商標なので温水洗浄便座と言います。 瞬間式と貯湯式の2種類があります。瞬間式の方が高価ですがランニングコストは貯湯式は常に温水を作って貯めている為高くなります。 一般的なタンク式のトイレにはメーカー問わずほぼ交換可能です。 タンク一体型やタンクレスのトイレは温水洗浄便座の交換は出来ませんが、機能部の交換で修理扱いでメーカー対応出来ます。たまに古い物は交換部品の廃盤で便器ごと交換になる事もあります。 水回りなので、漏電のときに危険な為アース付きコンセントが必要です。 アパートによくあるバス・トイレ一体のユニットバスには設置出来ません。 標準工事外の追加工事でよくあるのがコンセント新設と止水栓の部品です。 コンセント新設はアースも必要な為洗濯機からが多いです。5,000円/m 昔の温水洗浄便座で止水栓のスピンドルを外して取り付けるタイプがあり、これを元に戻す部品が800円位です。 店舗等で家庭と違い使用頻度が高かったり使い方が荒くすぐ壊れてしまう様な環境に いい物があります。ユニット交換が簡単でパーツの交換が自分で出来る様なタイプです。 お問い合わせ頂ければ詳細をお話して提案します。

料金表

ウォシュレット交換9,000円〜
TOTO 2021年製 (販売実績) (現在入荷未定)51,700円(税込)
panasonic CH941SPF (工賃込み)33,000円

蛇口交換

蛇口交換

蛇口の交換は同等品を加工せずに取り付ける標準工事です。 蛇口の水漏れの際、蛇口がレバータイプの場合は便利屋やくわでは修理せずに買い替えを勧めています。 水漏れではないのですが、お風呂のシャワー付きの蛇口で、シャワーとパイプの切り替えが壊れて両方から水が出てしまう事があります。この部分は専用部品で部品がメーカーにあれば修理可能ですが製造終了だと本体の交換になります。 ・屋外水栓 庭にある手洗い水栓柱や散水栓の蛇口交換や蛇口を増やす、新設、水漏れ等対応します。 ・キッチン蛇口交換 主に壁出し、ワンホール、デッキタイプがあります。  壁出しは比較的古い物件に多く流し台の上の壁に付いています。主に2ハンドルとレバータイプがありますが、どちらでも付きます。  ワンホールはシステムキッチンの下から立ち上がっているタイプです。穴の大きさ等多少違いはありますが、キッチンを多少加工すればほとんど何でも付きます。また、シャワー付き、タッチレス等色々ありますがほぼ取付可能です。

料金表

蛇口交換7,000円〜

浴室混合栓交換

浴室混合栓交換

主に壁出し、デッキタイプがあります。 現在の主流は壁出しのサーモスタット混合栓です。ユニットバスの標準はほぼこのタイプです。ただ、最近はガス給湯器やエコキュートで温度設定が出来る事が一般的なのでリモコン設定温度を40度程度で使用している人はサーモ混合栓を選ぶ必要は無い!と私は思っています。給湯器の温度設定が40度ならそれ以上にはならないのでお湯に水を混ぜる事は無い為です。サーモ混合栓が必要な設備はガス給湯器でもリモコン無しで熱湯が供給されて来る設備、貯湯式の石油給湯器、電気温水器、ソーラー(太陽熱温水器)等の設備、何かの理由で温度設定を高温にして使う場合でしょう。 壁出しタイプは写真のハの字部分でお湯と水の配管の間の長さを調整する為余程極端でない限りメーカー、タイプ(サーモ・シングルレバー・2ハンドル)に係わらず壁出しであれば交換可能です。 デッキタイプは浴槽の縁やミラーの下台や洗面ボールに乗っかっている様に付いています。このタイプは外観では分かりませんが、ピッチ(お湯と水の間の長さ)が85、100、120、140とはっきり分かれている為同じピッチの水栓の選定が必要です。また、奥行きが足りずにシャワーホースが壁や何かに当たったり左右を選ぶ必要があったりと機種選定がひと仕事です。

料金表

浴室混合栓交換10,000円~
サーモスタットシャワー混合栓 TOTO TBV03401J 定価43,800円 標準交換工事費込み 33,440円(特価)
2ハンドルシャワー混合栓 KVK KF30N2 定価19,100円  標準交換工事費込み21,406円(特価)
サーモスタットデッキシャワー混合栓 KVK  定価58,800円 標準交換工事費込み 52,100円(一例)

蛇口のパッキン交換

蛇口のパッキン交換

ゴムパッキン類は消耗品です。定期的に交換しましょう。 当然依頼があれば対応致しますが、作業時やり方を教えますので以降は定期的に面倒みてあげて下さい。お金がもったいないです。 パッキン交換で直らない場合は金属部品の摩耗が考えられます。パーツの摩耗は部品交換、本体の摩耗は本体の買い替えになります。 レバータイプも中のカートリッジを交換して直る場合が多いですが、カートリッジが5,000円~8,000円+工賃で少しプラスすれば新品交換出来る事と、癒着してはずれなかったり、本体が歪み水漏れするかもしれず、その場合商品入荷後交換するまで使用出来ませんので、便利屋やくわではお断りして新品への交換を勧めています。ただ、ご自分で出来る方はカートリッジ代だけで済みます。 壁出しの蛇口の壁の際からの水漏れや、台付きの蛇口の下(例えば扉の内側)の水漏れはパッキン交換では直りませんが、付け直しで直ります。

料金表

蛇口のパッキン交換5,000円〜

ウォシュレット(温水洗浄便座)

ウォシュレット(温水洗浄便座)

ウォシュレットと呼んでいますが、TOTOの商標なので温水洗浄便座と言います。 瞬間式と貯湯式の2種類があります。瞬間式の方が高価でランニングコストは貯湯式は、常に温水を貯めている為高くなります。 一般的なタンク式のトイレにはメーカー問わずほぼ交換可能です。 タンク一体型やタンクレスのトイレは温水洗浄便座の交換は出来ませんが、機能部の交換で修理扱いで対応出来ます。たまに古い物は交換部品の廃盤で便器ごと交換になる事もあります。   水回りなので、漏電のときに危険な為アース付きコンセントが必要です。 アパートによくあるバス・トイレ一体のユニットバスには設置出来ません。   標準工事外の追加工事でよくあるのがコンセント新設と止水栓の部品です。 コンセント新設はアースも必要な為洗濯機からが多いです。5,000円/m 昔の温水洗浄便座で止水栓のスピンドルを外して取り付けるタイプがあり、これを元に戻す部品が800円位です。

料金表

ウォシュレット(温水洗浄便座)¥

トイレ交換

トイレ交換

タンクと便器が分かれているのが一般的で、一体型やタンクレス、最近は宙に浮いたタイプも出ている様です。 私は後のメンテナンスや交換を考えて一般的なトイレを勧めます。特にウォシュレット機能が故障して修理不能の時に、トイレ全て交換になってしまいます。セパレートタイプならウォシュレットはどのメーカー・タイプも付きますので、故障時に金額を含めて選択肢がたくさんあります。 トイレは排水位置に合わせる必要があるので、対応出来ない機種を選定すると床を開口して床下で排水位置を替える必要が出てしまいます。

料金表

トイレ交換¥

給湯器・ボイラー

給湯器・ボイラー

〈故障・不調〉 エラーが出たり電源が入らない等のトラブルがありますが、ほとんどが操作パネル(リモコン)ではなく、外にある本体の故障です。本体のコンセントを抜いて1分程度経ってからコンセントを差して復帰すればOK。 ダメならメーカー修理か交換です。度々起きる場合は火災の恐れが多分にありますので、あきらめて修理・交換を考えましょう。3度続いたら、かなり危険な状態だと思って下さい。頻繁に抜き差ししていた物件をみましたが、ふたを開けて中を見たら電源回りが溶けてぐにょぐにゅになっていました。   〈ガス給湯器〉 大きく分けると給湯のみのタイプ・追炊き付きのタイプ・追炊き+暖房の熱源付きに分かれます。   ―標準交換工事内容― 給湯専用は本体のみの交換で水とお湯の配管の繋ぎ替えのみが基本になります。 リモコンがある場合は配線はそのままでリモコンと本体の繋ぎ替えのみ。 追炊き給湯器は本体とリモコン2箇所の繋ぎ替えで、追炊きは給湯器部分の繋ぎ替えのみで、循環金具(浴槽に付いているお湯の出て来る丸いもの)は交換しません。 追炊き+暖房の熱源付きは重くて私1人では無理なので高くなります。   標準の交換だけでなく追炊きへの変更や、逆に追炊きをやめる、リモコン増設、お湯配管の増設、位置変更等、色々対応出来ます。

料金表

給湯器・ボイラー¥

屋外水栓

屋外水栓

庭にある手洗い水栓柱や散水栓の蛇口交換や蛇口を増やす、新設、水漏れ等対応します。

料金表